読了:『2001年宇宙の旅』
インプット

読了:『2001年宇宙の旅』

途中までは「モノリス」をめぐる学者先生の頭脳バトルものかとおもいきや、
さすがクラーク氏、最後は壮大な宇宙叙事詩で締めてくれました。

個人的には同一作者であれば『地球幼年期の終わり』のほうが好きですが、
壮大なスケール感はこちらにも健在です。

報告する

投稿者

水涸 木犀
水涸 木犀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。