ミステリ執筆備忘録2

ミステリ執筆備忘録2

ミステリの書き方を教えて下さいと聞かれましたが

まあ、タイトルの通りなんですけどね苦笑

いきなりあまり交流のない人に聞かれました。
これは難しい質問です。
調子に乗ってイキリ倒したらネットのどこかで叩かれるかもしれないですしねw
それは冗談としても、本当に難しいです。
まず「どんなミステリを書きたいの?」から始めないといけないからです。

恋愛が基軸となるコージーミステリと社会派ミステリでは全然違いますしね。本格ミステリと警察小説でも全然違いますし。
あとはサスペンス・イヤミス・ハードボイルド・アクション・異能系・あやかし系・近未来系……あげたらキリがないです。
コージーミステリに叙述トリックが必要かっていえばそれはあまりお勧めできない。訳わかんなくなるから。

あとフーダニット(誰)・ハウダニット(どうやって)・ホワイダニット(どうして)のどれに重点を置くかとか。
それだってまずはどんなのを書きたいかによって相性みたいなのがあるからさ。

ここからは全くの個人的な感想ですが
本格はフーダニット・ハウダニットと相性がいい。
ハードボイルドはフーダニット・ホワイダニットと相性がいい。
社会派ミステリはホワイダニット・フーダニットと相性がいい。
サスペンスはフーダニット・ホワイダニットと相性がいい。
とかいう感じで相性がいいのがあると思うんだよね。もちろんいろんな組み合わせがあると思います。だけどどうしても食い合わせがあまりよくない場合もある気がします。

私自身は社会派ミステリか人情系ミステリしか書いてないので、ホワイダニットを重視してます。もちろんフーダニットでもハウダニットでもいいんだけど、どうしても社会問題と組み合わせるとホワイ以外はそっちに目がいっちゃうと思うんだよな。トリックがどうとか犯人は誰とか。でもそれなら社会派じゃなくていいってことになってしまう。

っていうかさ
この説明をミステリ初心者にしても分からんでしょ。ある程度ミステリ読んでますって人なら別だけど。でもそこまで読んでる人なら最初っからミステリ書くよねw
だから聞かれても答えにくい。

本当は〈書き方〉を知りたかったみたいだけど。伏線の張り方とかトリックの回収の仕方とかキャラの動かし方とか。
そんなのどんなの選ぶかによって変わってくるしね。全部話してたら三日くらいかかるわよw

私は社会派とか人情系が書きたいから社会問題とか些細な事件とかの情報に常にアンテナを張ってます。そうじゃなきゃ何が問題となってるかとか分かんないじゃん。
だからどの事件は起訴されたとか不起訴だったとか、どんな裁判になってどんな判決になったのかまでずっと追ってるわけです。そこそこ話題の事件で逮捕されたけど不起訴になってたりするのって結構あるからね。
逆に大きな事件とかについては自分は書かないです。やっぱりそういうとこはプロも狙ってくるし、プロは取材量が桁違いだからさ。

じゃあミステリ書くならみんなそうしなきゃいけないかっていったらそうじゃない。
それこそ他のにはあんま必要ないしね。
夫を殺すサスペンスとかならいらんでしょ、そういうの。
逆に異能系とかはどんな能力があってどんな状況なら使えて捜査にどんな影響をもたらすとかきっちり決めないといけない。近未来系もそう。
異世界のミステリも可能だけど、それこそ何が使えて何が使えないとかどんな罪になるとかきっちり設定しておかなきゃいけない。
書きたいものによって力を入れるところが違うと思うんだよね。

この記事だってもしかしたら初心者ですって人には何を言ってるか全く分からないって可能性もあったりするわけで。
結局まずは自分はどんなのが書きたいかと決めて、何冊かそのジャンルの本を読んでみたらいいんじゃないですかね。そうすれば何が必要か分かると思うんだけど。それ以外に言えることはないかなあ。

というか私にコージーミステリや本格ミステリの書き方聞かれても分からんしな。
そもそもあんま読んでないので( ̄▽ ̄;)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。